「吹けたー!」と達成感のあった曲

提携ライターを務めているブログで、最近いくつか吹奏楽に関する記事を書きました。
吹奏楽で聴きたい名曲メドレー
吹奏楽の担当楽器ってどうやって決めるの? 

普段はJ-POPの記事が多いですが、吹奏楽の記事もこれからも時々書いていこうと思っています!


改めて私の吹奏楽経験についてお話すると、「ユーフォニアム」という楽器を学生時代に吹奏楽部で吹いていました。
「ユーフォニアム」という楽器、ご存知ですか?

卒業から7年ほど経っている為、今もし楽器をわたされたら腕前は「………」といった感じかもしれません…笑
しかし、吹奏楽の曲は今でも時々聴いていて耳には自信があるので、耳と過去の経験を上手く活かして良い記事を書いていけたらと思います!


では、今回は私が「吹けたー!」と達成感のあった曲を紹介します◎
それがこの曲です。
ウィリアム・テル 序曲

3分30秒辺りに注目です!
トロンボーンという楽器を吹いている方々がアップで映し出されており、パパパパパパパパ…と上がったり下がったりするような音が聴こえます。
ヤマハ | トロンボーン

これがこのシーンのメロディーなんですが、このシーンのイメージは「強風」「」です。
ちなみにトロンボーンだけでなく、ユーフォニアムもメロディーを担当しています。
単刀直入に言います。このメロディー…

難しいのです!!!


まず、メロディーなので音量を出すことは絶対です。そして、パパパパ…と上がったり下がったりするので速く指を動かさないといけません!
また、吹き荒れる風のイメージをいかに表現できるか、というのも必要です。


この曲は高校一年生の頃にやりましたが、11分もある曲なのにそのメロディーばかり練習していたほどです。
何度も練習し、演奏会で披露出来た時には「吹けたー!」と達成感を感じ、これを機に難しい曲もドンと来い!といった気持ちになりました!

(´-`).。oO(そういえば関連動画に出てきた「マードックからの最後の手紙」も吹いたことあったなあ…
龍谷大学さんの動画もっと観てみようっと♪)


様々な曲に出会えて、その曲を演奏出来るようになった時に成長や心境の変化を感じられるのが楽器をやる醍醐味だなあと感じます◎

mary

その他の投稿

あの曲も!意外と親しみやすい「合唱曲」

音楽の在る暮らし